おうちで実践!「白シューズのお手入れ」

2021/07/01

トレンドアイテムでもある「白シューズ」。お気に入りゆえ、たくさん履いてつい汚してしまった…、せっかく買ったのに汚れるのがもったいなくて履けない…。など、お困りの方も多いのでは。そんな「白シューズ」ならではのお手入れ方法を分かりやすくお届けします。おうち時間を活用して、ぜひお手入れをしてみませんか?

靴のお手入れは、スキンケアと同じ!「汚れを落とす洗顔」「栄養を与える化粧水や乳液」「保護するファンデーション」の3ステップは靴のお手入れでも同様の考え方。革もお肌と同じでケアが大切です。

STEP 1 | ほこり・汚れの除去

シューキーパーを入れる
シューキーパーを靴に入れます。履きジワを伸ばして、お手入れをしやすくします。

ブラシでほこりを取る
靴にはほこりがたくさん付着しています。
やわらかい「馬毛」のブラシでブラッシングし、ほこりを取りましょう。

バックスガムで汚れを落とす
ブラシで落としきれなかった汚れをバックスガムを使ってこすり落とします。
白い靴はクリーナーを使用すると表面が剥がれ、地色が露出してしまう恐れがあるためバックスガムの使用をおすすめします。

STEP 2 | 栄養を与える・補色

デリケートクリームを塗る
革が乾燥している場合はデリケートクリームを靴全体に伸ばし潤いを与えます。しっかり保湿することで、下地が整います。ファンデーションの前の化粧水のような役割です。

クリームを塗る
ウエスに薄く無色のクリームをとり、靴全体にいきわたるように塗ります。片足につきコーヒー豆一粒分ほどのクリームが目安の量です。

白いクリームを塗る
黒ずみや革が剥がれている部分など、気になる箇所には顔料ベースの白いクリームを。アプローチブラシと呼ばれる小さなブラシで丁寧にクリームをのせます。

ブラシでクリームを馴染ませる
革にクリームを馴染ませるため、コシのある豚毛のブラシを靴に垂直に当て、軽く力を入れながらブラッシング。クリームが馴染んだらクロスで乾拭きしします。

STEP 3 | 保護

撥水スプレーをかける
お手入れの終わりには、撥水と撥油効果のあるウォータープルーフスプレーを使用しましょう。靴から20~30cm離して全体にスプレーします。水分、油分、汚れなどのダメージから靴を守ります。(屋外などの風通しの良い場所で行ってください。)

完成!
手前がお手入れした靴です。本来の白色にぐっと近づけることができました。
休日やおうち時間にぜひトライしてみてください。

SHOE CARE GOODS

左から
REGAL ホースヘアシューブラシ ¥3,850(税込)
REGAL シューブラシ ¥990(税込)
REGAL お手入れ用クロス ¥330(税込)
コロンブス Boot Black シュークリーム ¥1,100(税込)
REGAL シュークリーム ¥770(税込)
REGAL デリケートクリーム ¥770(税込)
REGAL アプローチブラシ ¥660(税込)
REGAL バックスガム ¥330(税込)
REGAL ウォータープルーフスプレー ¥1,760(税込)

日々の靴の扱い方を少しこだわるだけで、お気に入りの靴と長くお付き合いできます。


帰宅後は必ずシューキーパーを入れ、型崩れを補正する

履いた後は、必ずブラッシングを行なう

連続して履かずに休ませる

時々、靴の中(爪先)のほこりを取る

風通しのよい場所で保管する


RECOMMEND

※記事の内容、商品スペック、価格等の情報は掲載時点のものです。

Tag

TOP