kenford kenford

KENFORD コーディネート企画 ― Vol.2 ― さつま芋農家編

2022/04/22

ケンフォードの新定番〈ユーティリティシューズ〉を、様々な分野で活躍する方々にコーディネートしてもらう新企画。第二弾となる今回は、茨城県古河市仁連でさつま芋農家を営む鈴木達郎さんを訪ねました。

農家と革靴、一見違和感のある組み合わせですが、鈴木さんのスタイルにケンフォードの〈ユーティリティシューズ〉はどのように溶け込んでいくのでしょうか?鈴木さんの生活のシーンと共に紹介します。

―気軽でいながら上品な雰囲気を醸すレザーローファー

脱ぎ履きのしやすさから、気軽に履けるデザインとしてファンも多いローファー。この春ケンフォードが発売したローファーは、ラフな空気感はそのままに、革靴が持つ上質さを兼ね備えた汎用性の高い1足です。光沢感をおさえ、丁寧に仕上げを施した風合いのある牛革をアッパーに使用しています。

―「革靴はオフのときに履きたくなる。

毎朝5時半には作業を開始するという鈴木さんの仕事は、さつま芋の保管倉庫や畑、ビニールハウス等を行き来するハードワーク。速乾性に優れ汚れにくい機能的なウェアに長靴というスタイルが大半の様子。そんな鈴木さんにとって革靴は、オンではなく「仕事が終わったオフのときにこそ履きたいアイテム」だそう。

―快適な履き心地のキーポイント

とは言え休みの日にまで足を疲れさせたくないというのが本音。その点、このローファーは足を入れた瞬間から履き心地の良さを感じられるよう、細部までこだわって作られています。アッパーにはソフトなレザーを、靴の内部には足あたりの良いメッシュ素材を、そしてアウトソールには軽さとクッション性を兼ね備えたEVA素材を使用しているという点が快適な履き心地のキーポイントです。

ロングスリーブTシャツに機能的なワークパンツ、そしてワークキャップと、それぞれはカジュアルなアイテムながら、全身をネイビーでまとめ、綺麗めな印象を与えるワントーンコーディネート。シンプルながら個性が光るユーティリティスタイルが完成しました。

ローファー
KP13 AC ネイビー 14,300円(税込)


GUEST PROFILE

鈴木達郎(すずきたつろう)

東京都練馬区出身。

2015年より茨城県にある祖父の家に移住し農業を始める。現在は有機農法をベースにしたさつま芋の栽培を行い、家の屋号を看板に掲げた「仁連宿ほしいも」を生産、全国に発送している。

https://niresyuku.com/


ARCHIVE


※記事の内容、商品スペック、価格等の情報は掲載時点のものです。


TOP