beaufit beaufit

雨でもおしゃれを楽しみたい。美しさのひみつはデザインとパーツにあり。

2021/02/03

雨の日は、いつもより控えめな服装になりがち。今でこそお出かけする機会は減ったものの、貴重な外出日こそ天気を気にせずおしゃれを楽しみたいですよね。

今回は「雨の日でも足元をきれいに見せたい」という要望に、とことん応えたビューフィットの晴雨兼用パンプスをピックアップ。デザイナーからの開発秘話をお届けします!

晴雨兼用ならではの、こだわったデザイン

パンプスは足を覆う部分が少ないため、どうしても雨が当たりやすいもの。
それを少しでも解消するべく、できるだけ甲が覆われた深めのデザインで、なおかつ足がキレイに見えるように…という着想から誕生したのがこの斜めのVカット。
そもそも、靴というのは左右対称が一番足の収まりが良いのですが、このデザインでもより足にフィットするように何度もカットの修正を重ねて、ようやく実現することが出来ました。

撥水性があり、柔らかいレザーを使用

撥水加工がされているレザーといえば、しっかりした硬さのあるものという印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
このパンプスで使用しているのは、開発にも携わったレザー。撥水性がありつつ、しっとりとした柔らかさを持っています。雨にも強く、より足にフィットします。

インソールやヒールにもこだわりが !

インソールには厚みのある低反発スポンジ素材を使用。更に土踏まずの部分にパッドをあしらうことでフィット感があり、疲れにくく、クッション性も抜群。
ヒールは横に太い形状で、真横から見るとすっきりなのに、ぐらぐらせずしっかりと安定します。よく見るとスタック巻き(革を積み重ねたもの)に見えますが、雨の日にも履くことを想定し、あえて本物に近いプリントに。雨が染み込んでヒール周りがふやけてしまう心配もありません。

滑りにくい×すっきり見える アウトソール

滑りにくいアウトソールは凹凸があるためどうしてもボリューム感が出がち。
このパンプスは、よりすっきり見えるようにフチの部分を斜めに漉(す)いています。
パンプスなら、よりすっきり見えた方がうれしいですよね。

スタッフが実際に履いてみました!

「まず、履く前に高さ5.0cmはヒール初心者さんには少しハードルが高いかなと思ったけど、安定感があるので高さを感じません。直接足にあたるライニングのさらさら感と、中敷きのスポンジと土踏まずのパッドは、足を入れてすぐに実感できて、履いていて気持ち良いほど!
デザインもシンプルなのでコーディネートに自然と馴染みます。
これなら、天気を気にせずおしゃれを楽しめそうです!」

雨の日OKなMade in Japanのレザーパンプスでこの価格なのもうれしいポイント。
ビューフィットの晴雨兼用パンプス、ぜひ一度、お試しくださいね。

A66W AF
ブラック/ベージュ/ライトブルー/シルバー
¥17,600(税込)

※記事の内容、商品スペック、価格等の情報は掲載時点のものです。


TOP