『 BOURTON SERIES first impression” 』”

2017/08/24

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。
いつもショップブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

8月も残り一週間となりました。暑さが落ち着く時期ではありますが、
夏の疲れが出やすい頃でもありますので、どうぞご自愛のうえお過ごし下さいませ。

さて、今週のブログは’first impression’と題しまして、私が履き始めました一足を紹介します。
2017年春に登場しました「BOURTON(ボートン)」シリーズです。
履く人によって履き心地の印象は様々ですが、私が履いて感じた印象をお伝えしたいと思います。


ボートンシリーズの見た目はクラシックなラウンドトウ。
私が履いておりますストレートチップの場合、縫い目を隠したレベルソ仕立てになっております。
※ディテールは以前にブログで紹介しておりますので、是非バックナンバーをご覧下さい。

まず、木型はシェットランドフォックスの基本である、中心軸をずらした足なりの木型設計。
足を入れた感じは、’程よく’足を包み込む感じが伝わります。
程よくと感じた通り、私にとってはタイトな印象ではありません。

つぎに、’中底の形状’が立体的にクセ付けされていることで、
足を入れた時に、自然と足が乗る印象を受けます。
中底は足を支える機能を担っていますから、非常に大事なところです。

そして、歩き始めた印象は、本底の返りがやや硬い印象です。
私はケンジントンⅡで感じた履き心地に近い印象を受けました。
しばらくは時間を掛けながら、ゆっくり履き慣らす必要がありそうです。

中底が足形に沈むころには、本底の返りもついてくるので
ストレスなく履けそうといった印象です。

シェットランドフォックスの中では’スタンダード’な木型なので、
多くの方に満足して頂けるシリーズではないでしょうか。

デザインによっても履き心地の印象は変わってきます。


デザイン展開は、ストレートチップ( 055F SF )、Uチップ( 056F SF )、ホールカット( 057F SF )
サイドエラスティック( 058F SF )の4デザインです。


(左)055F SF ストレートチップ / (右)057F SF ホールカット
発売から半年が経ち、日比谷店で人気があるデザインはこの2デザインです。
中でも、ストレートチップのダークブラウンが最も人気があります。
次に、ホールカットのブラックです。

皆様にも是非、店頭にてご覧、お試し頂きたいと思っております。


– BOURTON (ボートン) SERIES –
品番|055F SF、056F SF、057F SF、058F SF
色 |ブラック、ダークブラウン
甲革|牛革
底材|レザーソール
製法|グッドイヤーウエルト式
修理|オールソール、その他
サイズ|5.0 ~ 9.0(23.0 ~ 27.0)
価格|¥56,160(本体価格¥52,000)


■8月、9月の定休日のお知らせです■
8月30日、9月6日、13日、20日、27日、毎週水曜定休でございます。
予めご承知おき下さいませ。

※記事の内容、商品スペック、価格等の情報は掲載時点のものです。

noimage
SHETLANDFOX 日比谷店【閉店しました】
所在地
電話番号
営業時間
定休日

TOP