『軽やかな足元 ~その2~』

2019/04/12

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


4月もすでに10日余り経ちましたが、生活や職場の環境に変化があった方もようやく日常に慣れてきたのではないでしょうか?

3月最後のREGAL TOKYO REPORTでは「軽やかな足元」をテーマにスニーカーテイストでスポーティーなREGAL TOKYO ORIGINALシューズをご紹介いたしましたが、今回は「その2」と題しましてもう少し季節を意識した靴をご紹介致します。

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W13R DJ】
甲革(展開色):タンドキップ(BR・NAVY)、型押しキップ(WHIT)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:ダイナイトソール
価格:¥43,200(税込)

朝の寒さからようやく開放され、日中は上着を脱いで過ごせる日も増えて参りました。今週は天侯の変化も大きく、寒の戻りもありましたが、徐々に過ごしやすい気候になってきました。そんな春らしくなってきた季節の足元に「タッセルスリッポン」をコーディネイトしてみてはいかがでしょうか!?

季節を意識した靴とご紹介したのはその展開色と靴の仕様にあります。

展開色のネイビーとブラウンは、当REPORTでご紹介致したREGAL TOKYO ORIGINALシューズ【W541 CE】と同じく、「REGAL Built to order system」パターンオーダーでお作りいただける「タンドキップ」を使用しております。

上品な色合いなのでミディアムからライトグレーのスラックスにも相性が良さそうですね。

もう一色のホワイトも「キップ」を使用しておりますが、型押し加工を施しているので、よりソフトな足当たりとなっております。薄手のソックスやフットカバーでも履きやすいのではないでしょうか。履きおろした時の「輝くような白さ」が時を経る毎に「やわらかな白さ」へと変化して、雰囲気が増していきます。

各色いずれも履き口廻りの通し紐が編み込みになっているのがさりげない個性となっております。製法はグッドイヤーウエルト式製法で、足の収まりを良くする為、ぴったりとした履き心地です。

厚手の服装、重ね着からようやく開放される季節になりました。そして新生活で緊張が続いた方もようやく一息つけるのではないでしょうか。

アクティブで活動的に過ごす方、そしてリラックスしてゆったりとした時間を過ごす方も「軽やかな足元」を演出する一足をぜひREGAL TOKYOでご覧下さい。

それでは今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。

4月の日程は、4月28日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
4月は15日が定休日となります。
※4月22日(月)は「春のパターンオーダー会」開催期間中につき通常営業致します。
また。4月29日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

※記事の内容、商品スペック、価格等の情報は掲載時点のものです。

所在地
〒 104-0061 MAP
中央区銀座1-6-13106GINZA BLDG
電話番号
03-3567-1400
営業時間
11:00-20:00
定休日
月曜日
GoToトラベル地域共通クーポン使用可否 紙クーポン○ 電子クーポン○
取扱商品
  • リーガル
業態
  • リーガル トーキョー

TOP